いじめについて思う事

個人的な意見ですが、
いじめをする人は
心理的な問題を抱えた人だと思います。
いじめられた人は、
不幸にして巻き込まれたのだと思います。

以前は
「いじめられる方にも問題がある」
というような意見もありましたが、
理解がすすんで
今はあまりそういう意見は
聞かれないように思います。


学校で先生に訴えても
なかなか解決に至らないのは、
いじめの加害者が
いじめの事実を認めないと
学校としては、
指導に入れないからです。


では何もできないのかというと、
そんなことはありません。

クラス替えの時、
同じクラスにならないように
配慮してもらえる
可能性があります。

いじめた方、いじめられた方、両方に
目立たないように気を配ってくれます。

だから、
早く先生に訴えた方がいいのです。
いじめはがまんしていると、
エスカレートするものです。


先ほど書いたように、
いじめの加害者が
心理的な問題を抱えているとすると、
つね日頃から
「声かけ」「気に止める」「じっくり話を聞く」
といった対応が
有効なのではないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック