映画に見るアメリカンフットボール

アメリカンフットボールのことが
最近よくニュースで流れます。
おかげで少し知識が増えました。

これまでは馴染みのないスポーツでした。
ルールをあまり知りませんでした。

特に
「今点が入った!」というのが、
分かりづらいスポーツでした。


ですが、好きな映画の中に
アメリカンフットボールが登場するものがあります。


その一つが
「天国から来たチャンピオン」です。
ウォーレン・ビーティ―扮する選手が
スーパーボールで大活躍する場面が出てきます。

ラスト近くでウォーレン・ビーティ―が
ポジションはQBだと答える場面、
彼の美しい瞳がとても印象的です。

ヒロインのジュリー・クリスティーのヘアスタイルが
昔過ぎていただけませんが・・・


そしてもう一つは
「タイタンズを忘れない」です。
まだ人種差別が残る時代、
アメリカンフットボールを通じて
高校生たちが差別を乗り越えていく話です。

デンゼル・ワシントンが、
厳しくも愛あるコーチを演じています。

南北戦争の激戦地ゲティスバーグで、
選手たちに語る話が感動的です。


映画はフィクションなのですが、
スポーツをとても楽しめます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック