スポーツのコーチに専属カウンセラーを

アメリカンフットボールに関するニュースが
連日報道されています。


ニュースを見ながら心理職として考えるに、
指導者には専属のカウンセラーを、
そしてチームにはメンタル・トレーナーを、
できれば有能な・・・
そんな時代ではないかと思います。


カウンセリングは鏡のようなものです。

人間は自分のことが見えません。
だから鏡を見てチェックします。
そして服装やヘアスタイルに変なところがあれば
それをなおします。

同様に、指導する立場の人は日頃から、
カウンセリングを通じて
自分と向き合うといいのではないかと思います。


例えばセラピストの所に行って、
マッサージでコリをほぐしてもらったり、
身体のゆがみをなおしてもらったり、
そんなことってあると思います。

そんなふうにカウンセラーの所に行って、
心のケアをするのもいいと思います。


場合によっては、
事件や事故を予防することにもなります。

メンタルがつらくなってから
カウンセラーの所に行くより
ずっといいですよ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック